バリオ新世代マルチローターヘッドのご紹介

マルチブレード・ローターヘッドに関する話題は常にセミスケールやスケール・ヘリコプター・フライヤーの間では熱い議論の的になっております。

2000年6月初旬に開催されたバリオ・セミスケールミーティングに於いて、ポッド・ブームトレーナー機に搭載された新しいバリオ・マルチブレードローターヘッドが初めて紹介されました。 会場に集まった大部分のパイロット達は1500mm径ローターが装着された、この新しいローターヘッドを搭載したトレーナー機の飛行に興味を持っておりました。 その場のテストパイロット達は空中における3ブレード、4−ブレード及び5ブレード用各タイプが用意されているこのローターヘッドのストレートなハンドリングに大いに驚き又惜しみない賛辞を贈りました。

このブレードの最大の特徴はそれぞれのブレードが二本のボルトで固定されるブレードホルダーにあります。 柔軟なGRP製のセンターピースはブレード自身のフラッピングモーションを抑制しながらブレードの波打ち現象をうち消す効果があります。 波打ち現象が小さいので、実機がそうであるようにリーディングやトレイリングブレードを常に最大のポジションに設定することが可能となりました。 唯一実機との違いはスイング動作を抑制するための特別装置が装備されていない点です。  


このローターブレードはバリオのすべてのスケールモデル用として設計されローター1500、1600、1680mmの3ローターから4ローター、5ローターまでが用意されています。 ブレードの幅は53mm。 ブレード面の特別の空気膜が高い揚力を発生するため機体重量がつい重めになってしまうスケール機に於いては最適な選択です。 

この新世代のローターヘッドは良好な飛行を維持するための高いローター回転数を必要とはしません。

●これにより、このローターヘッドは飛行レスポンスや特性から見ても実に扱いやすい部類にあるといえます。

推奨するローターヘッドスピードはローター径によって異なっています。 以下が推奨値です。

 

ローター径      
ローター回転数  
Φ1500 mm
>>>>>
1500 rpm
Φ1600  mm
>>>>>
1350−1400 rpm
Φ1680  mm
>>>>>
1250−1300 rpm

この新世代のローターヘッドは古くて新しいマルチヘッドの問題点、つまり制御する事が極めて難しいとされるバルーン効果や乱暴な操作による過剰反応などに対しかなりの改善が見られる点に於いて、これから初めてマルチブレードに挑戦なさるフライヤーの方々にも、お勧め出来るものです。 このローターヘッドを装着することにより5kg程度の重量超過にも問題なくこなせ、パイロットは通常の2-ブレードヘッド機と同じ操縦操作で飛行させることが可能となりました。

 


Horizon Stabiliserのご紹介

 

 

 

<テクノロジー>

当ユニットの目的は地平線を認識し、正しく明るさと暗さに反応します。 このユニットは送信機の指令より優先して動作します。 しかしもしヘリコプターが差し迫った状態にある場合、操縦者はスティックから手を離すことによりスティックをセンターポジションに戻します。 ヘリコプターはすばやく正しい姿勢を取り戻し安定した飛行姿勢に戻ります。 このユニットはあらゆる飛行練習特にノーズ・フライイングの初期段階に効果があります。 つまり常に飛行安全システムが操縦者をバックアップしていることになるわけです。 しかし、このシステムは地平線がはっきり認識できる状態でしか動作しないことを念頭においておく必要があります。 また山岳地形のような場合も要注意です。 更に、日没時や積雪時のような地表が空より明るい場合このユニットは正しく機能しません。

 


Helicopter Scaleのご紹介

デジタル表示のヘリコプタースケール

 

3Dフライイングにどっぷりのめりこんでいる諸氏にも、

新しい装備を取り付ける前後に機体の重量を知りたい人にも:

 

例えば、機体重量が性能を左右する電動ヘリコプターやスケールヘリコプターにおける重量モニターなどに大変便利なアイテムです。

 


Vario pilot jacketのご紹介

 

Pilot's jackets to fit model pilots 240 mm in height

パイロットジャケット(240mmサイズのパイロット人形にフィットします)
working zips, buttons and pockets.

1. Order No. 1/23
Pilot's jacket, standard wear in the period 1950 to 1970

2. Order No. 1/24
Pilot's jacket, current since 1970

3. Order No. 1/25
Pilot's leather jacket, standard wear from 1950 to today